みたろーのおんがくづくりかんきょう

DTM関連でついついぽちったものとか、作った曲のあれこれとかを、書き出してみるよ。OSは主にMac OS X。

BFD3でBFD2のプリセット・キットをつかう / 2015年2月時点

ここのところ、音楽を組む余力がない。そんなときでもセールはやってくる。というので、 http://www.minet.jp/ のクリアランスセールで BFD 用の Expansion Kit が安売りされていたので買った。

気がついたら BFD3 のバージョンも上がっていたので、バージョンアップして、Expantion Kit 入れて、コンテンツフォルダを再走査して……? BFD2 と Expantion 関連のプリセット・キットが二重に登録されている……

上記記事で記載している「7. BFD2のコンテンツフォルダを選択してBFD3用に変換(Convert Selected Paths)。」の手順を行ったときのゴミがが残っていたようなのと、

上記記事で行った「BFD2のシステムプリセット・システムキットのコピー」が悪影響を及ぼしていたようなので、BFD2 と Expantion 関連のコンテンツを再登録しなおした。

試行錯誤しながら行ったことを記憶にある範囲で記録しておく。

ポイント

  • 初期バージョンで行われていた、「BFD2のキット・プリセットをBFD3用にコンバートする」必要がなくなっている。

    ボタン自体なくなっている。このコンバート済みのファイルが残っていると、ここに BFD2 と BFD3 の両方があると表示されている。はず。

  • Expansion Kit は「BFD2 のコンテンツフォルダに導入しない」で「独立したフォルダに導入する」。

    BFD2 Expansion Pack: Jazz & Funk については、特に明記してあったので。

  • 「Add BDF2 Paths」ボタン押下もいらない。

    ……と思う。BFD2 と Expansion のデフォルトのプリセット・キットは、BFD2 のシステム配下のパスを何もせずとも読んでくれるようになった。……んだと思う。

手順

以降、OS X での作業を想定。

クリーンアップ

  1. BFD3 をスタンドアロンで立ち上げる。
  2. コンテンツロケーションの一覧を開き、「BFD3 Core Library」および Grooves 以外の Path を取り除く。

    f:id:mitaro:20150221115813p:plain

  3. BFD3 を終了する。

  4. BFD3 のユーザーコンテンツパス (/Users/ユーザー名/Documents/FXpansion/BFD3) のフォルダ名を別名に変更する。
  5. BFD3 以外のコンテンツパスのフォルダ名を変更する。
  6. BFD3 をスタンドアロンで立ち上げる。

    このとき、ユーザーコンテンツパスが空の状態で再生成される。

    f:id:mitaro:20150221120806p:plain

  7. Drums/Grooves から、BFD2 と Expansion が消えていることを確認。

  8. Presets/Kits に残っているゴミを削除する。そのとき、関連ファイルも消すか確認されるので、再確認の上、消す。

    消しても大丈夫かどうかは、そのプリセット・キットのインフォメーションの一番下に書いてある「Location」を確認すると確実。

    f:id:mitaro:20150221120528p:plain

コンテンツの再インストール

  1. BFD2 や Expansion のコンテンツを再インストールする。

    この時、Expansion は、BFD2/BFD3 のコンテンツフォルダではなく、独立したフォルダにインストールすること。

BFD3 へのコンテンツ再登録

  1. BFD3 をスタンドアロンで立ち上げる。
  2. コンテンツロケーションの一覧を開き、再インストールしたコンテンツのパスを追加する。

    f:id:mitaro:20150221121128p:plain

できあがり

あとは、ユーザープリセット・ユーザーキットがある場合は、リネームしてよけておいた前のユーザーフォルダから追加し、「Rescan User Content Paths」で復旧すればよい……はず。

以上

あくまで経験則であり、中途半端な記録であり、公式にアナウンスされたものではないので、自己責任でどうぞ。