みたろーのおんがくづくりかんきょう

DTM関連でついついぽちったものとか、作った曲のあれこれとかを、書き出してみるよ。OSは主にMac OS X。

BFD3でBFD2のプリセット・キットをつかう / 2013年12月末時点

2015年2月現在、この記事の内容は不適切な内容を含んでいます。後日、訂正記事を書きます。特に、下記の手順1. は蛇足です。**ご注意ください。

訂正記事を書きました


前回の記事を出したあと、サポートに問い合わせたりした結果、ある程度方法が確定したのでご報告。

公式にアナウンスされたものではないので、自己責任でどうぞ。

準備

  • OS X以外の場合は、パスの読み替えが必要。
  • 以降の作業は、パブリックベータの V.3.0.2.8 を対象に行う。ダウンロードページからダウンロードしておくこと。 V.3.0.2.8での変更点については、Fxpansion.com :: View topic - Public Beta - BFD3 Software Installer 3.0.2.8を参照。
  • V.3.0.2.8をインストールする前に、前回の記事で作ったエイリアスがもしあれば、削除しておくこと。
  • BFD2のコンテンツパスをBFD3のコンテンツロケーションに追加している場合は、念のため、外しておくこと。

手順

  1. /Library/Application Support/FXpansion/BFD2/System配下にある以下のフォルダ内のファイルを~/Documents/FXpansion/BFD3/内の同名フォルダにコピーする

    Terminalからだと、こんな感じ。

$ pushd /Library/Application\ Support/FXpansion/BFD2/System 
$ cp Kits/* ~/Documents/FXpansion/BFD3/Kits/
$ cp Maps/* ~/Documents/FXpansion/BFD3/Maps/
$ cp Mixers/* ~/Documents/FXpansion/BFD3/Mixers/
$ cp Presets/* ~/Documents/FXpansion/BFD3/Presets/
$ popd
  1. BFD3 V.3.0.2.8 を起動
  2. ToolsSet up content locations でコンテンツロケーションの設定画面を開く

    f:id:mitaro:20131229173434p:plain

  3. Add BDF2 Pathsボタンを押し、BFD2のコンテンツパスを取り込む

  4. Rescan User Content Pathsボタンを押し、コピーしたキット・プリセットをスキャンさせる
  5. コンテンツロケーションの設定画面を閉じる

→プリセットにBFD2とかが追加されているはず。

f:id:mitaro:20131229173031p:plain

補足

  • V.3.0.1.1でクラッシュしていたKabukiも、無事、読み込むことができるようになった。いょーお!

    f:id:mitaro:20131229172557p:plain

  • あくまでパブリックベータでの対処法なので、メジャーリリースや、今後のリリースにて、この対処法では対処できなくなる可能性がある…